Dualski

デュアルスキー

座位が維持できなくても『椅子に座る』ことができれば、重度の障がいがある方でも、ほとんどのゲレンデを家族や仲間と一緒にスキーを楽しむことができます。操縦は厳しいトレーニングを積んでライセンスを取得したパイロットが行うので安心です!

デュアルスキーが​楽しめるスキー場

1/3

特徴

FEATURE

「Grand Confort」バケットシート

 

重度な障害がある方への負担を軽減するため、人間工学に基づき開発されたバケットシートが採用され、横揺れにも対応するため、上肢が不安定な方でも長時間の滑走が可能となる高機能シートです。 シートはBultex高密度フォームを使用し、座面にはレザーカバーを採用され、 広く設計されています。

ハーネス(安全ベルト)

 

安全性と安定性を優先するため、このシートは4点式ハーネスを採用。 ハーネスは全ての障害者に対応するため、オープンハーネス方式を採用。 また、ショルダーストラップの幅は広く設計されており、体への負担が軽減できます。

リフト乗降システム

(フレームを持ち上げるための補助機能)


Tempo Duo には、適切なバランスを維持するように設計されたリフト乗降 システムとパイロットの負担を軽減する一体型のジャッキが搭載されおり、 Tempo Duo を安全に乗降させることができます。また、TESSIER 社で製造する チェアスキー全てが世界中で唯一、リフトを使う認証を受けています。

リフト乗降ロックシステム

 

体重の重い人をリフトに乗せる際に、使うシステムです。

リフト乗り場への侵入前から、フレームを上げてシートを高い位置で固定 (ロック)することで安全でスムーズなリフトへの乗車が可能となり、

また、パイロットの負担も軽減されます。

サスペンション
Öhlins Quickset System(オーリンズ クイックセットシステム)

 

TESSIERによって開発された専用のQuicksetシステムは、 道具なしで、ショックアブソーバーをスキーヤーの体重に合わせることを 可能にします。 油圧設定はオーリンズのエンジニアによって慎重に定義されています。